ビジネスフォンのプロが御社の通信環境の改善、通信コスト削減のお手伝いをいたします、ビジネスフォン販売・ビジネスフォン工事のミッションフロンティア
ビジネスフォンのプロが親身に御社の通信設備・環境の改善・工事をします
ビジネスフォン販売・ビジネスフォン工事
お問合せFAX ここをクリック
東京・札幌・仙台・大阪・名古屋・福岡
有限会社ミッションフロンティア
東京都中央区日本橋茅場町3-3-7浅田共同ビル
TEL03-5643-2081 FAX03-5643-2082
お問合せメールはこちらから
トップ 商品説明 ブログ 会社案内・実績 お客様の声 サイトマップ
 導入事例  ボイスメールを利用した通話録音
導入機種 パナソニック ディガポートX
基本仕様
電話回線(外線) NTTINS64回線8本、専用線
電話機 24ボタン漢字表示40台
特記事項 ボイスメールシステムIP−2WAYを使用した通話録音システム。

外線・内線全ての通話を記録。

サーバー経由で、他のメディア(記録媒体DVD)へ出力し、長期保存が可能。

検索も可能。
拠点間接続をして相互に内線呼び出し可能。
内容
 既設は、岩通製ビジネスフォンで、タカコムの通話録音装置を使用。

 本社移転と同時に、現行システムへの切替を検討。

 業務上、通話録音装置は必須のため、ボイスメールの機能を比較、検討の結果、他の記録媒体へのデータ保存の簡易性からディガポートを選定。

 既存の、他拠点(同じくディガポートX使用)への外線転送、内線通話が必要なため、既存のデータ系Bフレッツで使用中のVPNを利用。

 NEC IPマスターを使用して、ビジネスフォンへはODという専用線の規格で接続して、拠点間内線、外線転送を実現。
結果
 旧システムでは、ビジネスフォンの配線と通話録音装置の配線が別系統で必要であったため、工事コストの削減と同時に配線の簡略化が実現。

 同一システムでの、通話録音、データ移動のため利便性も向上。

 担当者様の管理も容易になりました。

 システム業者様と詳細打ち合わせの上で、従来から使用していたデータ系の回線を使用して拠点間接続を実現したため、機器の導入コスト、工事コスト、通信コストも同時に削減が出来ました。

 内線通話もかける相手の内線番号を呼ぶだけです。

 必要に応じて、保留中の外線も他の拠点へ強制転送も可能。

 転送して、通話を継続しても拠点間の通話料は無料のため、利便性は向上しても電話をかけてきたお客様への通話料の負担も増えません。

 拠点のシステムが同じになった事で、異動があってもビジネスフォンの使い方は、全く変わらずに使う事が出来ます。
まとめ
 通話録音機能自体は、他社でも機能としてはあります。

 パナソニックIP−2WAYは、パソコンをサーバーとして使用するため、録音時間、他の記録媒体へのデータ保存が容易なので今回は、パナソニックでご提案をしました。

 ビジネスフォンと違うシステムの場合に、余分な配線が必要となりデスク上にもアダプターが必要となります。

 ビジネスフォン上の、システムであればデスクの上も電話機だけで済みます。

 今回は、全て自動通話録音のため使う人も特に何の意識も無く使う事が出来ます。

 VPN(仮想内線網)を、利用してNEC IPマスターなどを使用する拠点間ネットワークは、接続するシステムが、同一メーカー、同一機種である必要性も無く拠点間のネットワークが構築できます。

 ただし、ODTという専用線の規格に対応していない機種の場合は、機能に制約が出ます。 


ビジネスフォン・音声通信機器 取扱メーカー一覧
NEC(NECインフロンティア)、NTT東日本、パナソニック
日立、サクサ、岩崎通信機、ナカヨ、東芝、富士通、沖
アレクソン、タカコム、中古ビジネスフォン他
ネットワーク機器(LAN)
ヤマハ、アライドテレシス、メルコ、シスコ、コニカミノルタ、コレガ他


ビジネスフォン、LAN、通信のことなら
私達ミッションフロンティアにご相談下さい。

お問合せメールはこちらから

FAX用お問合せ用紙

電話のお問合せ
0120−963−861
平日10時から18時

不在の場合もございます
不在時には留守電に
メッセージをお残しください。

お問合せをいただいてもお断りをいただければ
私共からのしつこい営業は一切いたしません。

代表の本間です。是非ご挨拶もお読み下さい。



トップ/商品説明 / ブログ / 会社案内・実績 / お客様の声 / 個人情報保護方針 / サイトマップ
Copyright(c)2007 -2014MissionFrontier ltd Allrights reserved